ごあいさつ 代表取締役社長 森 修
130周年推移資料

創業130年を迎えて

 弊社は明治17年(1885年)に名取高三郎(甲州出身)が縁者から小樽の金物店の経営を任されて以来、幾多の困難に遭遇するもこれを乗り越え、本年、創業130周年を迎えることが出来ました。これも偏にお得意様をはじめとするステークホルダーの皆様のご支援の賜物であり、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

 この130年を振り返ると①明治の創業期(1885-1910年)には北海道の開拓事業と共に発展した小樽で財を成し、②明治末から第2次大戦開戦までの安定期(1911-1941年)には北海道セメント(株)(現太平洋セメント(株))の特約販売店となってセメント販売事業に進出し、③戦後の高度成長期から円高不況時までの弊社成長期(1945-1986年)には札幌に本社を移転し、セメント生コンのみならずガラスサッシや鋼材も併営する建材の総合商社として全道に販売網を展開するに至りました。その後④事業再編期(1986年以降)を経て2008年には太平洋セメント(株)の連結子会社となり、現在は札幌本社、小樽本店、函館支店、旭川支店の4事業所体制を敷き、主に旭川を含む道央及び道南地域で太平洋セメントグループの製品を主力として各種建設資材の販売を行っております。

 弊社は130年の歴史を有する老舗であると同時に2008年に太平洋セメント(株)の連結子会社として第二の創業を行った若い会社でもあります。今後も歴史に裏打ちされた弊社に対する信頼感を裏切ることなく、皆様に常にフレッシュな情報を提供し、微力ながらも皆様と共に北海道のインフラ整備に貢献していく所存ですので、引き続きご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

ナトリ株式会社 代表取締役社長 森 修

ナトリ株式会社 130年史 参考資料

会社沿革

  • 明治17年  名取高三郎 小樽市に於いて金物店を委託され開業「名取商店」
  • 昭和24年  名取高三郎氏 死去
  • 昭和35年  「株式会社 名取商店」に改組
  • 昭和47年  「ナトリ株式会社」とする

歴代社長

  • 初 代  名取 高三郎
  • 2代目  名取 章賀 (昭和24年〜昭和37年)
  • 3代目  名取 三郎 (昭和37年〜昭和46年)
  • 4代目  名取 哲  (昭和46年〜昭和60年)
  • 5代目  名取 和彦 (昭和60年〜平成15年)
  • 6代目  正岡 英二 (平成15年〜平成20年)
  • 7代目  鈴木 信博 (平成20年〜平成23年)
  • 8代目  森  修  (平成23年〜)

資本金の推移

  • 昭和35年    1,000万円
  • 昭和42年   2,500万円
  • 昭和45年   4,000万円
  • 昭和47年   5,400万円
  • 昭和53年   6,500万円
  • 平成20年   9,124万円
  • 平成21年   10,000万円

Page Top